ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、語っていきます。

心療内科に行くことのススメ

今回は、心療内科に通うことについて、語りたいと思います。

 

心療内科って、皆さん、どんなイメージがありますか❓

 

「なんかメンタルに問題を抱えた人が行く感じ?」

「よく分からないけど、暗いところ?」

 

そういったイメージをお持ちなのではないでしょうか❓

 

しかしながら、実際のところは、体と心の両方にアプローチして治療していくのが心療内科という場所です。具体的には、ストレスが招く身体の不調全般にアプローチするのが仕事内容です。

 

そうした仕事内容である心療内科に通い続けて1年が経ちますが、本当に心療内科にかかって良かったと思います。私自身の体験を踏まえながら、心療内科にかかるメリットについて語ろうかと思います。

 

うつ病の早期発見につながる

 

私自身、周りの人に受診を勧められてから、心療内科にかかってみたところ、うつ病の一歩手前と診断され、休職を余儀なくされました。

未だに休職中ですが、本格的なうつ病になってしまうと、治療が数年単位に渡ってしまうので、今思い返せば、あの時心療内科にかかって良かったと思います。

 

もし心療内科にかかってなければ、重症化して、下手したら一生モノの病気になっていたことでしょう。

 

②休職しやすい

 

どういうことかというと、かかりつけの医師に病気の診断書を書いてもらい、上司に提出した場合だと、会社を休みやすくなるということです。

 

ただ、メンタルが辛いということを上司に報告しても、理解のない上司には事の重大さが伝わらないかもしれません。

 

正式に医師から診断書をもらえば、上司にも事の重大さが伝わりやすくなるので、安心して病気の治療に取り組む事が出来ます。

 

③身体の不調に対して、治療のアプローチができる

 

原因がよく分からない身体の不調に対しても、心療内科であれば治療のアプローチが出来ます。

 

例えば、身体が慢性的にだるい、疲れがとれない、

吐き気などの症状がある時、多くの人は、内科に診てもらうと思います。

 

それで原因が見つかればいいですが、もし見つからない時、心療内科に行けば原因が分かるかもしれません。治療に取り組む事も出来るでしょう。

 

ただ、身体がだるいといったことでも、多角的に応えてくれるのが心療内科です。

 

今回は、ここまで。読んで下さりありがとうございます😊