ミニマムライフポレポレ

公務員試験情報、ミニマリスト関係等について、語っていきます。

ゆるく生きることのすすめ

今回は、ゆるく生きることについて語っていきます。

 

なぜ、そもそもゆるく生きていくことを提唱していくかですが、現代日本に生きる社会人は、特にストレスフルな環境に置かれているからです。

 

要は、常に張り詰めた状態で日々を過ごしているわけです。

 

想像してみてください。

 

朝は、通勤ラッシュに巻き込まれながらもなんとか出社し、部下の育成と上司の要求の板挟みになりながら成果を上げ、家に帰った後は、子育てに追われる日々を。

 

もちろん、そうした生き方がわるいとまではいいませんが、少なくともそこに余裕はないのではないのでしょうか。

 

切り詰めて、張り詰めて、集中し続けて、を続ける毎日は、心身に強いストレスを与えます。

 

そこで、おすすめしたいのがゆるく生きることです。

 

具体的には、生活レベルをできる限り落とし、狭い部屋に住み、できる限り出費を減らすといった感じです。

 

一見、生活を切り詰めているようにみえますが、これらを実践するだけで、生活にゆとりが生まれます。

 

生活レベルを落とせるところまで落としても、生活の満足度まで下がるわけではありません。むしろ、向上します。

 

コツは、衣食住に関して、コストパフォーマンスを最重要視することです。

 

例えば、服はUNIQLOや無印で購入し、食は自炊中心かつ粗食にし、住むところは職場から近い場所に住むのです。

 

私自身、実践していますが、効果てきめんです。

 

まずなんといっても、UNIQLOや無印の服は必要にして十分すぎる品質です。

十分おしゃれできるし、なんといっても機能性に優れていて着心地がいいのです。

 

また、自炊中心にすると食費が浮きまくります。笑えるくらいに。

お金にゆとりが生まれると、精神的にも余裕が生まれますね。

 

このように無理なく、ゆったりと生きることを心がければ、生活にゆとりが生まれるのではないのでしょうか。