ミニマムライフポレポレ

公務員試験情報、ミニマリスト関係等について、語っていきます。

自分に向いていることが天職である理由

今回は、自分に向いていることが天職である理由について語ります。

 

世の中、天職の定義がたくさんありますよね。

 

その中でも、私が考える天職とは、自分に向いていることだと思うのです。

 

なぜ、自分に向いていることが天職と考えるのか。

 

まず、仕事然り、遊び然り、全てにいえることですが、結果が伴わないと全然面白くないんですよ。

 

目に見える結果が出るまでに時間がかかることは確かに認めますが、それでもその過程で何かしらの変化がないと人間、継続なんて出来やしません。

 

結果が出るからこそ、継続ができる。

 

これは、大切なので覚えておいて下さい。

 

次に、自分にとって一番結果に結びつきやすいことが何かが重要となります。

 

それこそが、自分に向いていることです。

 

人間、長所もあれば短所もあるようにできています。

 

苦手なことなんてないようにみえる器用な人もいますが、あくまで常人より得意なことが多いってだけで短所もそれなりにあるもんです。

 

問題は、自分に向いていることをどう探り当てるかです。

 

こればかりは、自分が負えるリスクの範囲内で、やってみたいことをやっていくしかありません。

 

重要なのは、行動に移すことです。

 

はじめの一歩は、小さくて構いません。

 

やってみたいことを見つけたのであれば、それに関連する書籍を片っ端から読むにでもよし、

 

ネットで検索して情報収集するもよしです。

 

まずは、行動に移してみることから始めていきましょう。

 

はじめの一歩を踏み出してみて、自分に向いているかもと思ったらやり続けてみればいいし、楽しみも見出せないし、続けるのも苦痛と言うのであれば辞めればいいだけです。

 

やれることは無限にあるわけです。パッチテスト感覚で、新しいことに取り組んでいけばいいのではないのでしょうか。

 

そうして、自分に向いていることを見つけられたのであれば、それが天職なのです。