ミニマムライフポレポレ

公務員試験情報、ミニマリスト関係等について、語っていきます。

知識労働が稼げるこれだけの理由

先日、こんなツイートをしました。

 

 

人間がお金を稼ぐ手段は、大別すると2つしかありません。

 

頭を使って稼ぐか、体を使って稼ぐかの2つです。

 

知識労働と肉体労働。

 

どちらにもいい面はあるので、どちらがいいとは一概にはいえませんが、

 

知識労働にしかないメリットに今回は着目していきます。

 

それは、限界がないということです。

 

 知識労働には、肉体労働と違って限界がありません。

 

肉体労働の場合は、体力がどれだけ持とうが、時給×24時間までしか稼ぐことができません。もちろん、時給そのものの単価を上げることである程度まではカバーできますが、それでも限界があります。

 

一方、知識労働だと、給与が青天井なのです。例えば、ブログで稼いでいる人のコストパフォーマンスは極めて高い上に、給与がどこまでも伸び続ける習性があります。

 

マナブログを運営されているマナブさんは、ブログ収益だけで7桁円稼いでいますしね。

 

このように、知識労働は、給与や能力の限界がないといった利点があります。

 

 限界がないということは、自分の能力や戦略次第で、好きなだけ利益を享受することができるのです。

 

肉体労働には、限界がありますが、知識労働にはそれがない。

 

大富豪か貧民かを分けるカギは、ここにあるといえるでしょう。