ミニマムライフポレポレ

公務員試験情報、ミニマリスト関係等について、語っていきます。

読書が続けられるコツ

先日、こんなツイートをしました。

 

 

結論からいって、読書って、誰でもできることではないんです。

 

丁寧に知識をつけ、活字を耐えうるだけの集中力を鍛えるという工程を踏まないと、読書って出来ないんですよ。

 

しかしながら、多くの人は、自分がどれだけ母国語を操れるのかを把握していません。

 

また、RPGに例えるなら、最初の村を出てすぐ、ラスボスを倒したいというようなモノです。

 

要は、高望みをしているのに、それに気がついていないのです。

 

まずは、読みたい本の分野に関する知識をつけていきましょう。

 

問題は、つけ方です。

 

活字を読み込んで知識をつけようとしても、自分の持っている知識量が少ないために、読むのに時間が必要以上にかかってしまいます。

 

時間がかかりすぎると、読書習慣の継続も難しくなってしまうんです。

 

そこで、まずは、漫画や簡単なコラム、動画といった比較的、とっつきやすい媒体から攻めていきましょう。

 

その後、薄めの新書や文字量の少ない活字本に手を出していくといいでしょう。

 

このように、出来ることから少しずつ始めていけば

自ずと読書量は増えていきますよ。