ミニマムライフポレポレ

公務員試験情報、ミニマリスト関係等について、語っていきます。

ミニマリズムこそ、日本復活のカギを握る

先日、こんなツイートをしました。

 


現代日本を取り巻く環境は、あまりよくはありません。

 

バブルがはじけてから30年あまりが経とうとしていますが、まだまだ閉塞感と行き詰まり感が漂っています。

 

特に、少子高齢化という未だ人類が経験したことのない現象は、その一因といえるでしょう。

 

今まであれば、労働力が増えていくことが見込めたからこそ強気の投資も出来たし、

金回りもよくなっていきました。

 

しかし、少子高齢化により労働人口は減少し、ただ良いものを安く売るだけでは生き残れない時代になりました。そもそも人口が少なくなっているから、全体のパイも減っていますしね。

 

そんな時代を生き残るためには、ミニマリズムの考え方を適切に取り入れる必要があります。

 

例えば、万人受けの商品を作るのではなく、無駄な要素を一切排した、一見賛否両論のある商品を作り、確実にヒットを飛ばすなり、リモートワークを導入して通勤にかかる時間を削減したりなどです。

 

あの有名なアップル社も、無駄を極限までそぎ落とした商品を少数精鋭で展開することで、莫大な利益を得ています。

 

アップル社のすることは、すべて正しいとはいえませんが、おおいに参考になるところはあるのではないのでしょうか。

 

ミニマリズムに特化して、先行き不透明な時代を生き抜きましょう。