ミニマムライフポレポレ

公務員試験情報、ミニマリスト関係等について、語っていきます。

ミニマリストの娯楽事情

今回は、ミニマリストの娯楽事情について語ります。

 

ミニマリストの多くは、モノを大量に買うことによるストレス発散は、基本的にはしません。

なぜなら、物欲を満たすだけでは生活の満足度を上げられないことを知っているからです。

 

また、物欲を一時的に満たしても、またすぐに物欲は湧き出てきます。しかも、それを満たすためには、お金が必要です。物欲を満たし続けることは、できないのです。

 

では、ミニマリストがどのようにしてストレスを発散しているかというと、体験型の娯楽でストレスを発散する傾向にあるようです。

 

 

体験型の娯楽の具体例を挙げるとすれば、旅、エクササイズ、読書、瞑想、運動などです。

 

要は、自分の知見を広げてくれたり、自己理解を深めてくれたりといった、自分を高めることを通してストレスを発散しています。

 

 

体験型の娯楽のいいところは、何倍もの価値になって自分の中に経験が蓄積される点です。

 

例えば、東京で旅をしたとします。

そのことを周りに話せば、それをきっかけに友人が生まれるかもしれません。

また、ブログに書けばブログのアクセス数増加に貢献できるかもしれません。

 

このように、体験型の娯楽は一過性のものではなく、永続的に価値をもたらすものであるのが魅力です。

 

もちろん、物欲を満たすことそのものが悪いことではありません。MacbookairやiPadのように、扱い方次第で価値をもたらすモノもあるからです。

 

しかしながら、継続的かつ経済的にストレスを発散させるためには、自己投資を通じてが一番です。

 

読書でも筋トレでも瞑想でも構いませんが、自分をレベルアップさせる行動を心がけましょう。