ミニマムライフポレポレ

公務員試験情報、ミニマリスト関係等について、語っていきます。

公務員から民間企業に転職して思ったこと

今回は、久々に公務員のことについて語ります。

 

私は、先日、公務員から民間企業に転職しました。

 

残業もなく、自分のペースで働けるし、人間関係も良好なので転職してよかったと思います。

 

さて、今回のテーマは、公務員と民間企業の違いについてです。

あくまで、私が経験している範囲でしかありませんが、皆さまの参考になればと思います。

まず、思ったのが企業努力が適所にみられるということです。

例えば、資料探しにかかる時間を省くために資料をPDF化しておく、共有カレンダーで予定を埋めておくなどなどです。

 

特に、印象的だったのが、ペーパーレス化です。

 

公務員の世界は、今でも紙媒体が中心です。紙に資料を印刷して決裁を回してからやっと仕事にとりかかるというものでした。

 

しかし、転職先の企業では必要最小限の人数でチェックを行います。

 

要は、意思決定のスピードが速く、効率化が進んでいるということです。

 

公務員は、よくぬるいといわれますが、彼らの気持ちは少しわかります。

 

本日は、短いですが、ここまで。