ミニマムライフポレポレ

公務員試験情報、ミニマリスト関係等について、語っていきます。

同じ献立をヘビロテさせることのススメ

今回は、同じ献立をヘビロテさせることのススメについて語ります。

 

ミニマリストの方々の多くが、食事にこだわります。なぜかというと、健康がどれだけ大切なことかを知っているからです。

 

自分にとって、必要なものだけに絞り込み、身軽になっても、健康な体と精神がないと意味がないからです。

 

食事にこだわるといっても、具体的にどのようにこだわっているのでしょうか?

 

私自身、実践していることは、同じものを食べることです。

 

一見、偏食のように見えますが、実際偏食です(笑)

 

一日の献立は、こんな感じです。

 

朝食 フルーツグラノーラとヨーグルト

 

昼食 カロリーメイト2箱とコーヒー

(たまに仕事の都合で外食もありますが、大体これです。)

 

夕食 野菜と肉を蒸したものか煮込んだもの、もしくは鯖缶

 

間食 野菜ジュース

 

このように、毎日食べるものがほぼ決まっているのです。

 

①献立を考えるのが面倒だから

ひとつめの理由は、献立を毎日考えるのが面倒だからです。もっとぶっきらぼうにいってしまえば、食事に時間とお金をかけたくないというのがあります。

 

人間、野菜と肉(魚)と米をバランスよく食べていれば、そう健康を崩すことはありません。

 

極論ですが、真実です。

 

②買い出しが楽

朝から夕方まで仕事をしてそこから献立を考え調理して…となると、疲れてしまいます。

 

しかしながら、同じ献立だと、当然買う食材も同じものばかりですので、買い出しが楽なのです。どれを買えばいいか決まっているから、無駄なものを買う必要はありません。

 

結果として、無駄にお金をつかう心配がないのです。