ミニマムライフポレポレ

公務員試験情報、ミニマリスト関係等について、語っていきます。

ミニマリズムこそ、至高の収納術である。

先日、こんなツイートをしました。

 

 

収納術って、昔から人気ありますよね。

 

百均のモノを使った収納から、無印良品を使った収納、もはやアートとも呼べるような美しい収納術まで、さまざまあります。

 

ですが、それをはるかに凌駕する収納術があるんですよ。

 

それは、「モノを持たない」ことです。

 

だって、そうじゃないですか。モノがなければ、そもそも収納術をいちいち展開する必要もないですからね。もっというと、収納そのものをなくして、強制的にモノを多く持てない環境に追い込むのも手です。

 

また、精神衛生的にも、モノを必要以上に持たないって、好ましいんですよ。

 

 

モノが多いとそれだけで、メンタルが不調になります。特に、デスク周りがモノで溢れかえっていると、あれもこれもやらなければならないと考えてしまい、余裕がなくなります。

 

そんな状態が長く続けば、メンタルが壊れる恐れもあります。私の経験ではありますが、モノがあふれかえるくらいデスク周りが荒れているのであれば、病院の受診を勧めてあげた方がいいかもしれません。

 

そのぐらい、モノを必要以上に持たないって大事なことなんですよ。