ミニマムライフポレポレ

公務員試験情報、ミニマリスト関係等について、語っていきます。

ミニマリストといえど、モノを必要以上に捨てすぎるな!

先日、こんなツイートをしました。

 

 

ミニマリストになりたての時にあるあるなのが、モノを必要以上に捨ててしまうことです。

 

確かに、モノを手放すって、気持ちがいいんですよ。一気に部屋が広くなるし、なにより達成感がありますから。中毒性みたいなモノがありますから、捨てれば捨てるほど気持ちよさも増していきます。

 



 

f:id:minimamporepore:20200302203323p:plain

モノを適度に手放す

 

しかしながら、モノを捨てまくるにも、やはり限度ってモノがあります。

 

例えば、スマホをいきなり捨ててしまうとしましょう。

 

スマホを捨てた瞬間から、スマホを使ってやれていたことができなくなってしまうのです。

 

電話、メール、SNS、ゲーム、読書、投資、開発などなど…

 

現代人にとって欠かせないツールとなってしまっているのに、捨ててしまったがためにそれらが全くできなくなっては、機会損失もいいところです。

 

人によっては、収入がなくなってしまうという方もいるでしょう。

 

つまり、何がいいたいかといえば、自分にとって必要なモノまで捨てる必要はないということです。

 

ミニマリストになる=モノを極限まで減らす、ではありません。

 

あくまでも、自分にとって必要最小限のモノで暮らし、そのメリットを享受するのが目的です。

 

例えば、モノを減らしておくことで、

・すっきりとした部屋で生活を送り、QOLを向上させる

・フットワークを軽くする

・行動力を上げ、チャンスをつかみやすくする

といったメリットを享受することができます。

 

 

 

モノを減らすことそのものが目的となってしまってはダメということです。

 

「といっても、モノを減らす気持ちよさに逆らえない」

 

そういった方の対処法というのは、あるのでしょうか?

 

実は、あります。

 

それは、周りとモノの数を比べないことです。

 

そもそも、捨てる欲が加速していってしまう一因は、周りとモノの数を比べてしまい、「あいつより、モノの数を減らしてやる」と、まるで格闘ゲームのように、モノの数勝負に陥ってしまうことにあります。

f:id:minimamporepore:20200302205031p:plain

ゲーム感覚で、モノの数を競ってしまう

そうではなくて、あくまで自分自身の必要最小限のモノに近づければOKと思うようにしてください。

人と、モノの数をくらべても意味はありません。

 

人によって、必要最小限のモノの数は違うからです。

 

比べる相手は、過去の自分です。自分が理想とする、モノの数をキープできているかを物差しとしてください。

 

肩肘を張らずに、気軽にミニマリストライフを楽しみましょう!