ミニマムライフポレポレ

公務員試験情報、ミニマリスト関係等について、語っていきます。

ミニマルな暮らしをしよう

先日、こんなツイートをしました。

 

そう、今回は、エッセンシャル思考についてのお話しをしようかと思います。

 

エッセンシャル思考に関する本で有名なのは、下の本です。

 

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

  • 作者:グレッグ マキューン
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2014/11/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

エッセンシャル思考とは、つまり些末な99パーセントを省き、大切な1パーセントに集中するといった考え方です。

 

この考え方は、ミニマリズムの考え方に通ずるモノがとても多いんですよ。

 

ミニマリズムを大切にしているミニマリストは、自分にとって必要最小限のモノに囲まれて生活することをとても好むし、それによって得られる恩恵を最大限受けているわけです。

 

例えば、小さなカバンを使うことで本当に自分が使うモノを厳選して持ち運ぶことで、体力を温存できるし、カバンを持つエネルギーを最小化することに成功してます。

 

エッセンシャル思考を仕事に応用すれば、

 

・無駄な会議には出ない

・仕事は、なんでも引き受けない

・積極的に、「ノー」という

・業務をルーティン化する

・情報共有は、常に電子媒体で行う

 

こんな工夫が考えられますが、これにより仕事の効率や質は格段に上がるでしょう。

 

このように、ミニマリズムやエッセンシャル思考を生活に取り入れれば、生活の質は爆発的に上がります。

 

では、どうすればミニマリズムやエッセンシャル思考を応用できるのでしょうか?

 

明らかな無駄をなくしましょう。

 

例えば、だれがみても明らかなゴミや無駄な会議、もう使うコトはない資料、何の生産性ももたらさない活動です。

 

注意したいのが、減らすのではなく、なくすことです。

 

なぜ、なくすかというと、ただ減らしただけではまたたちまち元の量に戻ってしまうからです。

 

無駄な会議の例でいえば、自分が絶対に出なければならない会議以外は、議事録を読む程度にとどめておくなどで対処し、会議そのものの出席は避けるといった具合に、です。

 

一度、ゼロにしてしまえば、その状態をキープしたくなるのでそうそう無駄が増えることはありませんよ。