ミニマムライフポレポレ

公務員試験情報、ミニマリスト関係等について、語っていきます。

小さなカバンを持とう

先日、こんなツイートをしました。

 

 

最近、サコッシュに代表される、いわゆる小さなカバンやリュックって流行ってますよね。



f:id:minimamporepore:20200220171746p:plain

小さいカバンが流行っている

 

もちろん、なんでも入るようなバックパックも魅力的だけど、小さなカバンは小さなカバンでいいところはたくさんあるんです。

 

それは、行動力が爆上がりするということです。

 

経験上、普段使っているカバンを小さなカバンに置き換えるだけで、いつもよりたくさん歩いたり、普段より外出の頻度を多くなったりと行動力が増します。

 

 

 

大きなカバンのデメリット

 

というのも、大きなカバンって、背負っている、ただそれだけでかなりのエネルギーを消費してしまうわけです。大きなカバンって、確かになんでも入って便利に思えますが、その分だけカバンそのものの重量も大きくなります。

 

大きなカバンを持つだけで、消耗してしまうと不思議と外出が億劫になってしまうのです。

 

なぜなら、外出するためには、大きなカバンを背負わなければならないという枷が存在しているからです。

 

ただでさえ、外出にはエネルギーがいるのに、枷まであっては外出もままなりませんよね。

f:id:minimamporepore:20200220172242p:plain

荷物が重いと、こうなる

 

 

 

加えて、カバンが大きいと、人間それに入るだけの荷物を入れようとしてしまいます。

 

私自身経験があるのですが、以前大きなカバンを使っていたときは、普段使わないようなモノまでカバンにぎっちぎっちに詰め込んでいました。

 

例えば、ハンカチやティッシュ、財布まではよかったのですが、バッグ内を整理するバッグインバッグやレインコートといった、そんなに使わないだろうというモノまで詰め込む状態でした。

 

その時の私は、あまり外出もしないし、してもすぐに息が切れてすぐ休憩をはさむといった生活を送っていました。

 

当時は、体力がないからと決め込んでいましたが、とにもかくにも外出が億劫になるぐらいに多くのモノを持ち運んで疲弊していました。

 

また、バッグにモノを詰め込んでいると、いざモノを引っ張り出そうとしても、時間がかかってしまうんですよね。自分が何を持っていて、何を持っていないかを把握していないため、このようにお目当てのモノが見つからないなんてこともしょっちゅうでした。

 

 

f:id:minimamporepore:20200220171847p:plain

カバンのなかの荷物が見つからない


小さなカバンの魅力

そこで、カバンそのものを小さくし、そこに収納するモノのダウンサイジングを試みたところ、2つの変化がありました。

 

ひとつめは、冒頭にも書いた通り、行動力が爆上がりしたということです。

 

カバンを背負う労力が小さくなったことで、いつでも気軽に外出を楽しめるようになりました。

 

f:id:minimamporepore:20200220173757p:plain

身軽に行動できるようになった



 

肩もこらなくなったし、以前よりもたくさん歩くようになったので適度な疲れが体に残り、睡眠の質も向上しました。

 

ふたつ目の変化は、あまりモノを買わなくなったことです。

 

一度、小さなカバンの身軽さを知ってしまったら、ずっとその状態をキープしたくなります。両手をなるべくフリーな状態にしたくなるのです。

 

モノを買うとなると、ポリ袋を手にさげなければなりませんが、そうしたくはないので、モノを買うコトを控えるようになりました。

 

お金をあまり使わなくなるので、浮いたお金を貯金に回したりといったことができます。

 

このように、軽いカバンには多くのメリットがあります。ぜひ試してはどうでしょうか?