ミニマムライフポレポレ

公務員試験情報、ミニマリスト関係等について、語っていきます。

定時で帰ることのススメ

先日、こんなツイートをしました。

 

 

そう、今回は久しぶりにうつのことについて、語りたいと思います。

 

私は、一年半前にうつ状態と診断され、公務員を休職することとなりました。

何が原因かといえば、過密すぎる仕事量でした。当時、新人だったこともあり、あまりの仕事量をこなすことに耐えきれるほどのスキルも経験も持ち合わせていませんでした。

 

f:id:minimamporepore:20200203205017p:plain

当時の心境

さすがに、これだけ仕事量が多い職場には戻れないと思い、公務員をやめ転職するに至りました。

 

当時の経験からいえることは、残業は体をむしばむということです。確かに、ここぞという時に一時的に頑張ることは必要でしょう。それ自体を否定はしません。

 

しかしながら、その状態がずっと続くようであれば働き方を改めたほうがいいです。

 

ツイートの内容にもある通り、残業時間が月45時間を超すようであれば、黄信号といってよいでしょう。早急に対策を練らなければ、体が悲鳴を上げるコトになります。

 

また、厄介なのが一度うつ状態になってしまえば、治療に数年ほどの時間を要するということです。それだけの時間を治療に充てるコトになれば、ほぼ確実に出世コースから外れてしまうなどキャリア形成に大きな影響を及ぼします。

 

そこで、常に考えていただきたいのが、定時で帰れるよう全力を尽くすことです。

決してマンパワーに頼らず、仕事のルーティン化を進めることで仕事量を減らすよう努めてください。

 

仕事量を減らし、本質的な仕事にのみ没頭するよう心がけるコトを忘れないでいただきたいのです。

 

詳細は以下の記事に譲りますが、絶対にやらなければならない仕事は、そう多くはないはずです。最優先の仕事以外は全て省くことを意識しましょう。

www.minimamporepore.com