ミニマムライフポレポレ

公務員試験情報、ミニマリスト関係等について、語っていきます。

自由に生きる方法

先日、こんなツイートをしました。

 

 

ちょっと賛否両論分かれるようなツイートですが、私の経験上、親はそのように思っていると考えています。

 

「親は、子の幸せを願う」

 

確かに、この言葉自体に誤りはないでしょう。よほどサイコパスな親でもない限り、親は子供の幸せを願っているとは思います。

 

ただ、問題は親の価値観に基づいた幸せということです。今の時代、変化のスピードが速すぎて親の価値観に基づいた幸せを追うよりも、はるかに幸せになれる方法は山ほどあります。

 

例えば、一昔前まではフリーランスなんて不安定だし、社会的地位も低いと一蹴されていました。

しかし、SNSなどの発達により、会社員や公務員の給与をはるかに凌ぐフリーランスもたくさん出てきてます。

 

また、一つの会社で定年まで働くライフスタイルも崩壊しつつあります。転職をして、より自分に合った働き方を探す、はたまた同じ会社には勤めつつも副業をするなどの選択肢もあります。

 

このように、親の価値観に基づいた幸せ以外にも、幸せはたくさんあります。

 

今までは、親の言う通りに生きていくのでもそれなりの人生が歩めたでしょう。しかしながら、今の時代、急速に変化しつつあるので、親の言う通りに生きても、下手すれば親の考えているレベルの幸せすら手に入らないかもしれません。

 

それなら、どんな生き方をするのがベストなのか。

 

答えはひとつではないでしょうが、私としては、

「自分に従って生きる」ことではないかと考えています。

 

自分の好み、考え方、ポリシー、経験に照らし合わせながら、人生の選択をひとつひとつ丁寧に行っていくことで、悔いのない人生を歩めるのではないのでしょうか。

 

このような生き方をしようとすれば、親は躍起になって止めようとしてくるかもしれません。喧嘩になることもあるでしょう。

しかしながら、親といえども自分の人生の責任は負ってくれません。そこは、誰がなんと言おうと、事実です。

 

なので、自分の人生の選択は、誰がなんと言おうと自分でとるスタンスを貫くことが出来れば、満足な人生を歩むことができるでしょう。