ミニマムライフポレポレ

公務員試験情報、ミニマリスト関係等について、語っていきます。

接客ひとつで稼ぐ方法 〜人間にしか出せない接客とは?〜

今回は、接客で稼ぐ方法について語ります。

 

現在、私はもみほぐしを行うリラクゼーション業界で働いていますが、技術だけでなく接客の重要性もしみじみとかんじています。

 

というのも、人と人とが関わり合う接客の仕事ってこれからの時代にとても高い価値を持つものなんですよ。 

 

①AIには出せない人間味がある

 

AIにはどうしても出せない人間味が出せるのが接客の特徴です。定型的な窓口業務などは、AIに代行させるべきでしょうが、 AIの対人対応ではどうしても、言葉に表せない冷たさが残ってしまいます。

 

不気味の谷という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

機械が人間の動きや思考を模倣するレベルが高くなりすぎると、逆に不気味さを覚えてしまうという現象です。

 

そこをカバーするのが生身の人と人とが関わり合うコミュニケーションです。

「あたたかみ」のあるコミュニケーションができるのは、人間特有です。

 

この「あたたかみ」さえもAIが模倣しない限り、リラクゼーションのような業態は、残り続けるといえるでしょう。

 

②リピーター獲得

 

①で触れた「あたたかみ」にもつながる話なのですが、人間だからこそ出せる丁寧な接客は、リピーターの獲得にもつながります。

 

人口減少が続くことが分かりきっているこの日本において、事業を継続・拡大させていくには、リピーターの獲得が必須条件となります。

 

それを為し得るためにも、人間同士のコミュニケーションを通して、リピーターを獲得していくことになるでしょう。

 

 

 

あたたかみのある接客に絶対必要な3要素

 

では、どうすればあたたかみのある接客をすることが出来るでしょうか?

ポイントは、3つあります。

①笑顔

②高い声

③ホスピタリティ

 

まず、①の笑顔ですが、笑顔を見せることで得られる恩恵は計り知れません。

 

 

次に、②の高い声ですが、聞き取りやすいということもありますが、安心感を与えます。

 

③のホスピタリティですが、細かな気遣いや作法をきっちり行い、お客様にリラックスしていただけるよう努めることです。

 

 

接客に必要な3要素を手に入れる方法

 

①とにかく丁寧にゆっくり喋る

 

まずは、とにかくゆったり丁寧に喋りましょう。

私の経験上、接客時には、早口になりがちですが、早口のままでは相手にプレッシャーを与えてしまいます。

 

いつもよりワンテンポほど喋るのを遅らせてみましょう。手っ取り早く接客力を上げることができます。

 

②口角を上げる

 

笑顔で接客しろとはよく言われる話ですが、果たして笑顔の時の顔とは、どんな顔をしているのでしょうか?

 

いろいろ答えはあるとは思いますが、私の回答はは、口角を上げていることです。

 

口角を上げるだけで、笑顔を作ることができるからです。

 

また、笑顔は、人をリラックスさせる効果があります。

反対に真剣な表情では、確かに真面目な印象を与えることはできますが、それと同時に近寄りがたい印象も与えてしまいます。

 

なので、口角を上げて接客することを心がけましょう。

 

 

③ホテルマンになりきる

 

最後に、とっておきの方法をお教えします。

それは、ホテルマンになりきって接客をすることです。

テルマンは、立ち振る舞いや人とのコミュニケーションのひとつひとつに、上品さが滲み出ています。

完璧にではなくとも、なり切ろうと意識するだけでも、よい接客に近づくことができるでしょう。

 

 

こんなところでしょうか。

接客に悩んでおられる方、参考にしてみてください。