ミニマムライフポレポレ

公務員試験情報、ミニマリスト関係等について、語っていきます。

転職が怖い理由と対処法

今回は、転職が怖い理由について語りたいと思います。

 

私自身、公務員からフリーランスという、かなり思い切った転職をしました。

 

公務員という安定志向の極みともいえる職種から、腕一本で勝負するフリーランスに転身というのは、我ながら相当変わった転職をしたなと思います。

 

転職して失ったものもあれば、転職して得たものもありますが、ひとまずは転職してよかったと思っています。

 

しかし、転職って簡単にいいますが、特に一回目の転職はとても勇気がいるものなんですよ。

 

北野唯我さんも書籍で触れていますが、転職がなぜ怖いかといえば、転職というのは今まで得たものを手放す行為であるからなのです。

 

今まで自分が獲得してきたものを手放すというのは、想像よりはるかに難しいことです。

 

なぜかといえば、人間は一度得たものを手放すことを本能的に嫌がるからです。

 

転職にはその本能を理性で抑え込み、実行に移すということを求められます。

 

では、どうすればその本能を抑え込むことができるのでしょうか?

 

まずは、自分の中で転職に折り合いをつけることが必要となります。

そもそも自分が転職に対して腹が決まってないと、納得のいく転職活動に移ることができません。

 

注意すべきなのは、「せっかく頑張って入社したのに」とか「転職するなんてもったいない」という声に耳を傾けないことです。

 

そうではなく、

「もしやり直せたとして、この会社に入るか」

「入るならば、その理由はなぜなのか」を念頭に置いて、転職活動を進めてほしいのです。

 

今までの労力や対価はすべて無視をして、自分と向き合ってください。

 

それができたら、次は、自分と生活を共にする人からも了承を得ることを目標としてください。

 

たとえ、自分が転職を決めたとしても、生活を共にする家族から反対されたままの転職は、難しいです。なぜなら、家族からの後ろ盾を失ったままの転職は、転職した後のメンタルがもたないからです。最悪、離婚やパートナーとの別れにつながってしまいます。

 

そこで、辛抱強くパートナーを説得し続けてください。論理と感情を織り交ぜながら進めていけば、パートナーも納得してくれるはずです。

 

転職活動をされている方の参考になればと思い、この記事を書きました。

是非とも、参考にしてみてください。

 

今回は、ここまで。読んでくださりありがとうございます。