ミニマムライフポレポレ

公務員試験情報、ミニマリスト関係等について、語っていきます。

フリーランスのススメ

今回は、フリーランスに関することを語っていきたいと思います。

 

先日、私は公務員を辞め、フリーランスとして独立しました。

業務委託契約のため、会社には出勤しており、働き方は今までと似ているのですが)

 

そんな私ですが、あくまで現時点ではフリーランスになってみてよかったと思っています。

 

そんなフリーランスの魅力を語っていけたらと思います。

 

①時間の自由度が半端なく高い

フリーランスになってみて思ったのが時間の自由度が半端なく高いことです。

働きたかったら朝から晩まで働いてもいいし、そうでなければ週休三日、四日で働いてもいいのです。

 

もちろん、働いていなければ給与は発生しませんが、会社員みたいな窮屈さはないです。

 

②給与システムが公正である

成果分に対してのみ給与が支払われるため、そこにコネなどといった外部要因が絡みません。成果を出せば出すほど、給与が上がるため頑張りが報われるのがフリーランスのいいところです。

 

会社員であれば、昇給昇格システムに不透明な部分が多いなどの不公平なところがあります。

 

頑張っても報われるとは限らず、何も仕事をしていない人と仕事をたくさんこなしている人の給与がおなじということもあります。

 

しかしフリーランスであれば実力主義の世界なのでそのようなことはないです。

繰り返しますが、自分の出した成果分に対して給与が支払われるため、給与体系がとてもクリーンなのです。

 

③人間関係がギスギスしていない

あくまで、私が在籍しているところに限ってのことかもしれませんが、人間関係が殺伐としていないのが個人的にはよかったなぁと思います。

各々が自分の働きたいように働いているだけですので、必要以上のなれ合いなどはなく、とても働きやすいです。

働きたい人は、何時間でも働いて高い成果を出してもいいし、ほどほどでいい人はほどほどの時間で切り上げてもいいのです。

 

こんなふうにフリーランスには多くの魅力があります。

ぜひ、みなさんもフリーランスになってみませんか?