ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、語っていきます。

引っ越すときにしとけばよかったこと

今回は、引っ越す前にしとけばよかったことについて語りたいと思います。

 

昨日のブログにも書いた通り、私は長く住んでいた地元から県外へと引っ越しをしました。

 

引っ越してみての感想は、昨日のブログをみていただければと思います。

 

さて、今回のお題は、引っ越しをしてみてやっとけばよかったことについてです。

 

やっておいてよかったことも含めて語れたらと思います。

 

まず、やっておいてよかったことから語っていきます。

 

①モノを事前に捨てていたこと

 

引っ越す前から、大量にいらないものを捨てていたことは、やっていてよかったなぁと思います。

 

引っ越しって、段ボール箱の数も限りがあるので、モノの選別にけっこう時間をとられてしまいます。ただモノを箱に詰めていくだけの作業とモノを選別しながら箱詰めしていくのでは、かかる時間が段違いです。

 

私は、ミニマリストに覚醒してからは、モノは自分の把握できる分だけしか持たないと決めていました。そのため、モノをけっこう事前に捨てていたため、引っ越しがスムーズに済みました。

 

②引っ越しの際に何をするかをリストアップしておいたこと

 

引っ越しの際は、転居前の住宅と転居後の住宅をいったりきたりします。

転居前の住宅の水道、ガス、電気を止める手続きをしたり、転居後の住宅の手続きをしたりとやることもたくさんあります。

 

そのため、何をして何をしていないかを把握してないと、常に時間に追われているような感覚に陥ってしまうのです。

 

そこで、することをリストアップしてどの作業を終えているかを常にチェックできるようにしました。これはやっておいてよかったと思います。

 

 

次に、やっておけばよかったことについて語ります。

 

 

①もっとモノを捨てておけばよかった

 

やっておいてよかったことに書いたので、矛盾しているように思えますが、もっとモノを捨てておいた方がよかったなとも思いました。

 

というのも、モノをあまり持たないようにしていたといってもやはり引っ越し整理をしてみて、モノをたくさん持っていることに気づいたからです。

 

もっとモノを持たなければ引っ越しがもっとスムーズにいったように思います。

ちょっと反省点です。

 

 

こんなところでしょうか。読んでくださりありがとうございます。