ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、語っていきます。

モノを減らす目的を持つ大切さ

今回は、ミニマリストがなぜモノを減らすのかについて、語りたいと思います。

 

ミニマリストって、普段どんなふうに考えて生活を送っていると思いますか?

 

「節約することしか考えていない」 「よくわからない」

 

そんなふうに思ってらっしゃる方も多いのではないのでしょうか。

 

確かに、ミニマリストの方の多くは、モノを必要以上に多く持たない生活をしています。そういった側面だけをみると、節約することしか頭にないのではないかと思われる方もいるかもしれません。

 

ですが、モノを持たないのは、あくまでモノを持たないことによって達成したいことがあるからで、モノを持たないことそのものを目的としているわけではないのです。

 

例えば、私であれば、なるべくモノを持たない生活をしていますが、それは、モノを減らすことによるメリットを享受したいからという明確な目的があります。

 

モノを減らすメリットとしては、

・身軽になり、行動力が増す

・生活の満足度を高める

・生活費があまりかからなくなり、貯金ができる

 

これらのメリットが例としてあげられます。

 

このように、モノを持たない目的が明確にあるからこそ、私は、ミニマリストとして長いことやっていけているのだと思います。

 

反対に、モノを減らす目的もなしに、モノを減らしても、時間がたてばまた元通りの部屋に戻ってしまう可能性が高いです。

 

巷では収納術やモノを捨てる方法論を書いた本がたくさんありますが、モノを片付ける目的を持つよう指示してある本は意外となかったりします。

 

モノを捨てる目的を持つことがなによりも大事なのに、そこには触れずにただモノを捨てることにのみフォーカスしているため、一向にモノが減らない、減らせたとしてもまた元通りになってしまうのだと思います。

 

では、どうすればモノを減らす目的を見つけることができるのでしょうか。

 

私がおすすめする方法は、モノを減らして一体自分は何をしたいのかについて自問自答を繰り返すことです。

 

前述したとおり、ただモノを捨ててもあまり意味はありません。モノを捨てた先に自分が欲しいものは一体何なのかを繰り返し自分に問いかけることが大切となります。

 

私の場合は、うつで思考力が落ちた状態で生活をしなければならなかったため、生活をできる限りルーティン化して、頭を使わずに生活することが余儀なくされました。その目的を達成するために、モノを減らすという行動に出たわけです。

 

このように、モノを減らして自分は何を手に入れたいのかを繰り返し考えることが重要となります。

 

今回は、ここまで。読んでくださりありがとうございます。