ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、語っていきます。

ストレスから逃げる

今回は、ストレスから逃げることについて語りたいと思います。

 

私は、10月末で公務員を退職し、それから二週間弱が経ちますが、精神的にはとても安定しています。新しい職場でどうなるかは分からないのですが、現時点では希望でいっぱいです。

 

私がうつ状態を患いながらも、安定した精神状態で日常生活を送れているのは、ストレス源から徹底して距離をとれているからだと思うのです。

 

私の場合は、ストレスが自分にはまったく向いていない仕事でした。加えて、仕事が激務であったので、体力と精神力でやりすごすということもできませんでした。

 

確かに公務員としての待遇のよさは多少なりともあったかもしれないですが、それをはるかに上回る仕事量であったので「もうここにはいたくない」という気持ちが勝ちました。

 

仕事を離れてみてよかったのは、何事も自分の体が大事であるということです。なんだかんだで、身の回りの人は外面で判断したことしかアドバイスはしてくれません。

(例えば、給与がいいから、社会的地位が高いから辞めない方がいいということはアドバイスしてくれても、仕事が尋常でないから辞めた方がいいということはなかなかいってくれないものです)

 

ですので、どんなに待遇が良くても、社会的信用が高くても、自分がいやだと思うことからは逃げていいように思うのです。

 

私自身、いやな仕事からは退職という形で離れましたが、退職してみてよかったと思います。

 

理由としてはまず、「二度とあの仕事をしなくていい」という安心感を手に入れることができたことです。少なくとも自分にとってではありますが、公務員としての仕事は向いてない上に何の学びもありませんでした。貴重な20代の時間を、自分に向いてない仕事にこれ以上費やさなくてよかったように思います。

 

また、次の一手を打てるというのも大きかったです。具体的には、仕事をやめたことで、新たな職場を探すことができるようになりました。今度こそ、今の自分にとって本当にやってみたいことをしてみようかなと考え、リラクゼーション業界を選びました。

 

新たなところで心機一転、頑張っていきたいと思います。

 

今回はここまで。読んでくださりありがとうございます。