ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、語っていきます。

最速でミニマリストになる方法

 今回は、最速でミニマリストになる方法について語りたいと思います。

 

そもそも、ミニマリストとはなんでしょうか?

 

このブログで何度も説明してきましたが、ミニマリストとは「最小限主義者」とも訳されるとおり、自分にとって必要最小限のモノに囲まれて生活する人のことを指します。

 

4、5年前に流行語大賞にノミネートされたように、現代社会を生きる上で受け入れられているライフスタイルのひとつといえます。

 

では、そんなミニマリストになってどんなメリットがあるのでしょうか?

 

まず、いやなことがあってもすぐに逃げることができます。

どういうことかというと、一般の人は、自分を縛っているものが多すぎるのです。

家、車のローンであったり、家にモノが多くて引っ越しができなかったり、収入のわりに生活レベルが高すぎたりなどなど…

 

自分の動きを制限するものに囲まれて生活している人がたくさんいます。

 

生き方は人それぞれなので、とやかくいうことはありませんが、そのような生き方ではいやなことがあっても逃げることができません。逃げられるほど自分が身軽ではないからです。

 

一方、ミニマリストの場合、いやなことがあっても逃げることができます。

 

家、車のローンはもちろん、所有物が少なく、生活レベルも自分が満足できる最低限のレベルであるため、一般の人と比べると身軽に生きることができます。

 

ミニマムライフコストが低いために、一般の方と比べて選べる仕事の幅も格段に広いです。

 

その身軽さゆえ、いやなことがあっても他の場所、仕事環境にすぐ移ることができるからです。自分を縛るものがないため、すぐに行動に移すことができるからです。

 

次に、一般の方より満足度の高い生活を送ることができます。

 

一般の方は、ミニマリストに比べモノの数は多いですが、幸せに暮らせているとはいいがたいです。

 

モノに囲まれているというコトは、自分にとって必要なモノが何かを把握していないことの裏返しです。

 

自分を幸せにしてくれるものとしてくれないものがごっちゃになってしまっているため、生活の満足度が落ちてしまうことは否めないでしょう。

 

一方、ミニマリストの方はそうではありません。自分を幸せにしてくれるものが何かを知っているため、それ以外のモノを切り捨てることができます。

 

言い換えれば、自分にとって必要なモノに囲まれて生活をするために、満足度の高い生活をおくることができるのです。

 

このように、ミニマリストには多くのメリットが存在しますが、ミニマリストに手っ取り早くなるにはどうしたらいいでしょうか?

 

結論を先に述べるならば、今よりも狭い部屋に引っ越して、その部屋で満足できるように生活することです。

 

今よりも狭い部屋に引っ越すためには、いるもの、いらないものの選別を余儀なくされます。

 

移る部屋が狭ければ狭いほど、モノを置けなくなるのでその選択はシビアです。

 

自分にとって必要なもの、不必要なものを分けると、何が自分を幸せにしてくれるものかが明確になります。

 

そして、自分を幸せにしてくれるものに囲まれた生活を送ることができるようになるでしょう。

 

私であれば、スマホタブレットニンテンドースイッチがあれば、満足に生活できます。逆にこれさえあれば満足に生活できると分かっているので、これ以外の要素をすべて排除することができるのです。

 

こうして、自分にとって必要なものだけを置いた部屋で、幸せにくらすことができるようになります。

 

今回は、ここまで。読んでくださりありがとうございます。