ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、語っていきます。

効率的なモノの捨て方

 今回は、効率的なモノの捨て方について語りたいと思います。

 

前回は、貧乏人の部屋はモノが多いというお話をしました。

 

軽くおさらいすると、貧乏人はモノの取捨選択が上手くないために、自分にとっているもの、いらないものの区別がつきづらく、特に必要でないものまで購入してしまいます。

 

さらに、ものを買うことでストレスを発散するようになるので、ものが増える→ストレスがたまる→ものを買うの悪循環に陥ってしまいます。

 

反対に、お金持ちは、自分にとって必要なものの選択が上手いために、余計なものを買い込んだりせず、いつも部屋がきれいに整っているというお話でした。

 

さて、今回は効率的なものの捨て方についてです。

 

お金持ちのように、モノを選別し、洗練されたレイアウトの部屋を作りたいのならば、

モノを捨てまくることが重要です。

 

といっても、モノを効率よく捨てたほうがスムーズにお金持ちへと近づくことができます。

 

これからは、モノの効率的な捨て方を紹介していきます。

 

①迷ったら、捨てる

モノを捨てる時には、捨てるかどうか迷うことも多々あると思います。

一度や二度であればいいのですが、捨てようか捨てまいか何度も迷いが生じてしまうようなこともあると思います。

 

そこで、おすすめなのがとりあえず迷ったら捨ててみることです。

 

そもそも、迷うということは自分にとって不必要な可能性が高いです。

 

一度捨ててみてから、生活されてみてはどうでしょうか?

意外に生活できることも多いですよ。

 

②とにかく、捨てまくる

後先考えずに、絶対必要な書類類等を除いてモノを捨てまくるというのもひとつの手です。そもそも、多くの人は、絶対モノを持ちすぎている傾向にあると思います。

 

そこで、とにかく捨てまくり、一度クリーンな部屋を手に入れてみるというにはどうでしょうか?

 

しばらくモノを捨てまくると、おのずと自分にとっているもの、いらないものを無意識のうちに選別できるようになるので、おすすめです。

 

今回は、ここまでです。読んでくださりありがとうございます。