ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、語っていきます。

私服の制服化のすすめ

  昨日は、ブログをお休みしてしまいすいませんでした。

 

疲れすぎてブログを書く体力が残っていませんでした。

 

これからは、自分に無理のないペースでブログを書いていこうと思いますので、よろしくお願いします。

 

 さて、今回のブログのテーマは私服の制服化についてです。

このブログで何回か触れてきたテーマではあるのですが、改めて紹介していきたいと思います。

 

私服の制服化とは、極端にいえば毎日同じ服を着ることを指します。私自身、白Tシャツと黒スキニーのコーデでずっと生活しています。

 

このようなライフスタイルをみて、どう思いますでしょうか?

 

「ファッションに興味がなさそう」 

 

そうお思いになられた方もおるのではないのでしょうか?

 

確かに、同じ服ばかり着るのって、一見面白みにかけるかもしれません。いろいろ選んで着るからこそ、ファッションは楽しいはずなのに、それを切り捨てているように思う方もいるかもしれません。

 

ですが、私自身、私服の制服化を実践してきて思うのが服を選ぶ楽しさよりも服を選ぶ必要のない楽さのほうが勝っているように思います。

 

では、どのような点が私服の制服化が優れているのでしょうか?

 

まず、いちいち服を選ばなくていいという気軽さがあることです。

着る服を選ぶって、相当集中力のいることなんですよ。

誰々と会うから、このコーデでないと厳しいとか、あの場所ではこのコーデは着ないほうがいいとか・・・

 

着る服を選ぶ際、そういったことをイメージしながら服を着るわけです。

 

確かに、いろいろなファッションが楽しめるメリットはあるかもしれませんが、それと同時に服を毎回選ばなければならない労力もついてきます。

 

楽しさと労力を天秤にかけたとき、私にとっては労力のほうが大事だと思ったので、

毎回着る服を固定しています。

 

次に、ファッションにお金を費やさなくてよくなったということです。

 

百貨店やショッピングモールに行ってもらえばわかりますが、多くの店で服が売られています。

要は、人々はそれだけ服に対して出費しているということです。

 

一方、服にお金を使わなくなると、浮いたお金をほかのいろいろなことに回すことができるようになります。

 

例えば、本にお金を使ったり、知らない場所に行ったりするのにお金をかけたりです。

そういった風に経験にお金をかけるようになるので、生活の幸福度も高めることができました。

 

 

私服の制服化のメリットは、こんな感じです。

 

思った以上に快適なので、皆さん試してみてください。