ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、語っていきます。

経験重視のミニマリスト

ミニマリストがなぜ経験を重視するのかについて語りたいと思います。

 

モノ消費からコト消費に消費の対象が移って久しいですが、ミニマリストも同様に、モノではなく経験を重視した生活を送っています。

 

今回は、ミニマリストがなぜモノではなくコトを重視するのか、どうすればコト重視にシフトできるようになるのかについて語りたいと思います。

 

 

 



①経験は、人と比べられないから

ものは、値段の多寡で価値を測ることができますが、経験に値をつけることはできません。つまりは、オンリーワンなわけです。逆にいうと、値がつけられないからこそ、値がついた時、莫大な価値となって返ってくるわけです。ブロガーさんが食べていけるのには、こういった理由があるからかもしれません。

 

また、オンリーワンの価値を追求していくことのメリットも他にあります。

それは、他人と比べなくてもよいということです。ミニマリストのかたは、精神的に安定している方が多いですが、それは自分とひととを比べていないからです。比較しはじめると、上には上がいるためいつまでたっても、精神的に安定することがありません。

比べるのではなく、「ひとはひと、自分は自分」の価値観を貫いているからこそ、

せこせこ生きていく必要がないといえるのでしょう。

 

②経験は使い減りしないから

経験は、蓄積こそあれ、減っていくことはありません。もちろん、忘れてしまうことはありますが、確実に自分の中に経験が溜まっていきます。その経験がある程度溜まって知恵に変わった時、ものすごい勢いで価値を創出します。その経験は、自分にとってかけがえのないものとなるはずです。

 

③経験が経験を呼ぶから

経験を積み重ねると、もっと経験を重ねたくなります。逆説的な例えではありますが、知れば知るほど知らないことが増えていくようなものです。つまりは、終わりがないんですよね。終わりがないからこそ、追求しがいがあるのかもしれません。

 

④経験は劣化しないから

ものは、いずれ朽ち果てますが、経験は劣化しません。それどころか、時間が経つにつれ輝く可能性があるのが経験です。ものを買う→壊れてしまう→買い直す…のループに嫌気がさしてしまったから、ミニマリストを志したという方もいるかもしれません。

 

 

 では、いったいどうすれば経験を重視した生活を送ることができるようになるのでしょうか。

 

私が思うに、知識面に多くの投資をすればおのずと経験を重視した生き方ができるのではないかと思います。例えば、知識を増やすのにもってこいな読書にお金を費やしたり、知見をひろげるために旅行にいったりなどです。それ以外の要素、例えば自分の着る服や食べるものについては、無印良品UNIQLOを利用することで、品質も値段もそれなりのもので抑えることで、浮いたお金を経験に回すようにします。

 

このようにすれば、幸福度の高い人生を送れるようになるのではないでしょうか。

 

一方、モノ消費だとこうはいきません。

どれだけ高価で品質のよいものでも、上には上がいますし、人と比べられることもしばしばです。相対的にしか価値を測れないため、本当はとんでもなく自分にフィットしたものを持っていたとしても、その価値に気づくことはないです。

 

このように、モノ消費では、幸福度の高い人生を送ることはなかなか難しいものがあります。

 

そのため、モノ消費ではなくコト消費で幸せになっていったほうがいいのではないのでしょうか?

 

今回はここまでです。読んでくださりありがとうございます。