ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、語っていきます。

ミニマリストの魅力

 今回は、ミニマリストの魅力について語りたいと思います。

 

 私自身、ミニマリスト歴は、一年ほどとあまり長くありませんがこの一年間で分かったミニマリストの魅力について、精一杯語っていきたいと思います。

 

 

①身軽である

ものを持たないミニマリストの方々は、身軽です。

身軽であることのメリットは、私も経験していますが計り知れないです。

何も背負うものがないので、気持ちがとても軽いです。

 

逆に、世の中を見渡すといろんなものを抱えてらっしゃる方のほうが圧倒的に多い印象を受けます。

あまりお金がないのに、マイホームを買ったり、車を所有していたりと自分にとって負担となる行為ばかりしている人が多いのではないでしょうか?

 

確かに、ものは、人々の生活を豊かにしてくれますが、ものに対する出費が多くなると負担になってしまいます。

 

一方、ミニマリストの方はあまりものをもたないためか、少ないスペースでも生活ができます。無理にマイホームを買わなくても賃貸の物件で充分に生活ができるので、マイホームの莫大な費用に困ることはありません。

  

身軽であることのメリットはほかにもあります。物件が探しやすいことです。

 

所有物が少ないため、少ないスペースでも生活できるので、物件に対してあれこれ条件をつける必要がありません。

 

それどころか、駅近だけど狭い物件など、一長一短がある物件でも難なく生活ができるので、車を持たなくても問題なく生活することができます。

 

反対にものをたくさん持っていたら、物件を探すのも一苦労です。例えば、ものを置くスペースが必要なので、収納が必須であったり部屋数が余分にいったりします。そうした好条件の物件は、競争率も高いので探し出すのも一苦労です。

 

②無駄遣いしなくなる

ものをあまりもたない生活をしていると、不思議と物欲が収まるので無駄遣いをしなくなります。私自身、ミニマリストになってからというもの、むだなものを買わなくなりました。

 

なぜかというと、自分の生活を豊かにするために必要なものの数・種類を把握しているからです。

私であれば、パソコンにスマホタブレット、資格試験のための書籍類、最低限の衣食住があれば十分に生活できると分かっているので、それ以上ものを増やす必要がないのです。

 

③生活費が安く抑えられる

ものをあまり買わなくなるので、生活費もおのずと抑えることができます。私自身、無駄な出費が減ったので、生活費もその分少なくすることができました。年収でいうと、手取り150万円もあれば不自由なく過ごすことができます。

 

ものを買わない代わりに、経験や知識にお金を費やすようになりました。例えば、書籍にお金を投じて自己研鑽に励んだり、旅行にお金を使ったりといったことです。

ミニマリストになって身軽かつ生活費がかからなくなったので、そういったことにお金を回すことができるようになりました。

 

今回は、ここまでです。読んでくださりありがとうございます。