ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、語っていきます。

コンビニ飯のミニマリズム

今回は、コンビニ飯について語りたいと思います。

 

皆さん、コンビニ飯についてどんなイメージを持たれているでしょうか❓

 

「最近は、美味しくなった」「なんだかんだで割高である」…

 

そんなイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか?

 

しかしながら、コンビニ飯は意外とミニマリズムに即しているのではないかと最近気づいたので、今回はそれをテーマに書いていきたいと思います。

 

まず、手軽においしい食事をとることができます。

確かに自炊する楽しさも重々承知しています。しかしながら、ひとりや二人暮らしの場合、作るより出来合いのものを買ってしまったほうがコスパがいいというのも事実です。また、コンビニ飯は、日々アップデートされていっているので、最新のものほどおいしい傾向にあります。

 

次に、栄養バランスの良い食事がしやすいことです。もちろん、カップラーメンやホットスナックばかりでは健康が害してしまいます。しかし、栄養バランスを考えながら商品を見るとなると、コンビニ飯は選択肢が多く、バリエーションに富んだメニューを選ぶことができます。例えば、サラダ、サラダチキン、塩にぎりといった淡白なメニューを選ぶこともできるし、かつ丼といったがっつり系の食事をとることも出来ます。大体ワンコイン程度で買えてしまうので、経済的にも優しいです。

 

特にミニマリストの方は、健康面を考慮した食事を送りたいと考えている方が多いです。そんなミニマリストの方にとって、コンビニ飯は重宝するのではないのでしょうか?

 

私自身、よくコンビニ飯を利用しています。食べるのは、主にサバ缶、サラダ、味噌汁といった食品です。外食からコンビニ飯に切り替えてから、体調がすこぶる良くなったと実感しています。

 

コンビニ飯の魅力は、伝わったでしょうか?  一人でも多く、コンビニ飯の魅力を感じていただけたら嬉しいです。

 

今回は、ここまで。読んでくださりありがとうございます。