ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、語っていきます。

ミニマリストこそ、現代を生きる術

今回は、ミニマリストが現代を生きるのに最適な方法なので、それを細かくみていこうかと思います。

 

現代って、昔と違って特に若い人が割を食う社会になっていると思うんです。

 

給料は低い上、サービス残業もあり、終身雇用は崩壊し、給与アップも望めない…

 

そんな社会を生き抜いていくのに最適なのがミニマリストの生き方だと思うのです。

 

少ない収入でも暮らせるよう、満足度の水準をできる限り抑えることで、満足度の高い生活を送るようにします。具体的には、交通網が発達しており家賃も安い地方都市に引っ越し、食費を抑え、インドア中心で生活するといった具合です。

 

自分にとって、不必要な生活費については出費を抑え、かけるべきところにお金をかけるといったことも必要になってきているのではないかと思うのです。

 

また、ものにではなく経験にお金をかけるようにする事で生活のQOLを上げることが求められます。

少ない収入ではものにお金をかけてもたかがしれています。しかしながら、経験については比較的少ないお金でも満足度の高い生活を送ることができます。

 

とはいっても、ものがないと生活が成り立たないのは明白です。そこで物を購入して所有するのではなく、物を貸し借りする、つまり共有することで無駄なものを持たない生活を送ることが必要となってくるでしょう。

 

なぜなら、所有することでものを置くスペースが必要となり、それだけ広い部屋を借りなければならなくなるからです。広い部屋は当然家賃も高いため、少ない収入で生活しなければならない人にとっては死活問題となり得ます。

 

まとめると、今の現代社会を生き抜くには、生活レベルを出来るだけ落とし、家賃の低い家に引っ越し、自分にとって有意義なことにお金を回すようにすることが必要ということです。

 

今回は、ここまで。読んでくださりありがとうございます😊