ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、語っていきます。

好きなことを見つける方法

今回は、好きなことで生きていくことの重大性について、語りたいと思います。

 

好きなことで生きていくって、簡単なようで、とててつもなく難しいことなんですよ。

 

好きなことをやれと言われても、今までそういった教育を受けたことがないから分からないし、自分で気づくのにもかなりの時間をかけないといけません。

 

日頃から自分に合うものを模索しつつ、試行錯誤していかないと、見つからないものなんです。

 

具体的には、好きなことで生きてきた先人たちの人生を分析し、共通項を探し、それを自分の人生に落とし込んでいく作業が必要となるわけです。

 

「といっても、それをしている暇は、ない」

「手っ取り早く、自分の好きなことを見つける方法を教えてほしい」

 

そういう意見もあるでしょう。

そこで私自身、いろんな人の人生を見てきて自分なりの解を得られたので、それをご紹介していきたいと思います。

 

それは、自分の好きなこととは、「周りの人から褒められたこと」だと思うのです。

 

理由としては、周りから言われないと気づかないくらい、自分の中に染み付いていて自分では気づかないことだからです。言い換えれば、意識せずともやれてしまうことが自分の好きなこと、ひいては得意なことにつながると思うのです。

 

例えば、とても礼儀正しい方がいたとして、他人に指摘されて始めて「自分は、他人と比べて礼儀正しい人だ」と気づいたとします。

 

そうした方は、幼少期から躾けられているためか、礼儀正しさがにじみ出ていることでしょう。

 

「そのような特性が生きる職業は、〇〇だ」という風に特性から逆算して自分の向いている職業を見つけます。(この場合でしたら、ホテルマンやキャビンアテンダントでしょうか笑)

 

それが自分の好きなことではないか。そのように思うのです。

 

今回は、ここまで。読んで下さり、ありがとうございます。