ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、語っていきます。

ミニマリストは、手段である。

今回は、ミニマリストは、手段であるというお話をします。

 

どういうことかというと、ミニマリストの生き方は、あくまでもライフスタイルのひとつであり、

それに縛られる必要はないということです。

 

確かに、ミニマリストには多くのメリットがありますよ。ものが少ないゆえの身軽さであったり、生活費を低く抑えられたりといったメリットを享受することができます。

 

ただ、言いたいのは、このようなメリットが確かにあるとはいえ、ミニマリストに縛られすぎるのはどうかということです。

 

例えば、書籍ひとつとっても、全て電子書籍にまとめてしまうのは、やや味気なく感じる方もいるかもしれません。そう感じた方は、紙の本を導入すればいいんです。どちらが正しいとかではなく、自分の好きなやり方で生きていけばいいんです。

 

部屋のレイアウトにしてもそうです。私は、ガランとした部屋の方が落ち着くので、極力ものを持たない生活を心がけていますが、ものがあった方が落ち着くという方は、ものを置けばいいと思います。

 

要は、自分が必要であると感じるものの量は、人それぞれなので、その数だけ生き方は、あります。

ミニマリストと称されるほどものが少ない方もいれば、ほどほどにものがあり統一感のある部屋で生活しているシンプリストの方もいれば、ものに囲まれて生活している方もいるのです。

 

ですので、自分の好きなように生きていくのがベストと思います。その過程で、ミニマリストの生き方がしっくりくるのでしたら、私なり、他の人のブログを読んでもらい、参考にしてもらえたらと思います。

 

今回は、ここまで。読んで下さりありがとうございます。