ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、語っていきます。

少食のすすめ

今回は、少食のすすめについて書きたいと思います。

 

現代人って、とにかく運動量と比較して、食べすぎる傾向にあります。身体を動かす仕事であれば、別ですが、ホワイトカラーの場合、そんなに食べなくても問題ないんですよね。

 

そこで、私自身、少食を心がけるようにしてます。

具体的には、1500キロカロリー程度に収まるよう、

食事量を調整しています。そんな食生活を心がけて、

一月近く経つので、自分に起こった変化を語りたいと思います。

 

①やせる

 

まず、単純に食事量が減ったことで、やせることが出来ました。当たり前といえば当たり前なんですが、

数キロ近くの減量に成功しています。

 

始めて気がついたんですが、人間って、そんなに食べなくても特にパフォーマンスに影響しません。むしろ、食べすぎることで眠くなるなどの弊害があります。

 

このまま、少食を続けて年内には70キロにまで戻したいと思います。(現在、84キロ)

 

②食費が抑えられる

 

食べる量が減ればその分、食費も浮かせることができます。食費という固定費が浮くので、その分だけミニマムライフコストを減らすことができます。といっても、ただ少食にするだけでは栄養バランスが崩れてしまうので、そこは要注意です。

肉や野菜がたくさんとれる食事をするよう心がけて下さい。

 

③集中できるようになる

 

 

経験上、お腹の中がある程度空っぽの状態で過ごすようになるせいか、集中力が増します。

その状態で、ブログの執筆や運動などを行うと、

パフォーマンスが上がるのです。

集中力は、出そうと思って出せるものではありませんが、常に高い状態を無理なくキープできたことは、収穫でした。

 

 

 

このように、少食には多くのメリットがあります。

食べる量を減らすだけで、いいことづくめです。

では、どのようにすればスムーズに少食にシフトすることができるのでしょうか❓

 

オススメは、食べるものをあらかじめ絞りこんでおくことです。

どういうことかというと、三食のうち、朝食をプロテインのみ、昼食をそば、夕食は、軽めの定食といった具合に、食べるメニューをある程度固定化してしまうのがオススメです。

 

なぜこのやり方がいいかというと、カロリー計算がしやすいんですよね。毎日の献立が同じだと、「朝と昼を合わせたら、800キロカロリーだから、夕食は、普通に食べよう」という感じに、総カロリーの帳尻を合わせやすいんです。

 

なにより、シンプルで実践しやすいのも魅力的です。

 

少食、本当におススメなので、是非やってみてください。