ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、主に語ります。

公務員に向いている人の特徴

今回は、ひさびさに公務員関係の記事を書きます。

タイトル通り、公務員に向いている人の特徴を、私の経験を交えながら紹介していこうと思います。

 

 

①とても真面目な方

真面目な方は、公務員に向いていると思います。

というのも、公務員の仕事って、地味な書類仕事がほとんどなので、それを真面目にこなせる方が求められています。真面目すぎて一般企業では芽が出ないという方は、公務員社会では活躍できるかもしれません。

 

②安定を求める方

生活に安定を求める方も公務員向きです。現時点では福利厚生が充実してますので、産休・育休が取りやすく、子供を育てやすい環境が整っています。

まと、あくまで現時点ではありますが、終身雇用を前提としておりますので、仕事がなくならないのが公務員です。このように、現時点では安定しているのが公務員ですので、生活の安定を第一に考える方は、公務員として働くのが向いているといえるでしょう。

 

③仕事にやりがいを求めない方

仕事にそこまでやりがいを求めないという方も、ある意味公務員に向いているかもしれません。公務員の仕事は、数年単位で異動していくので同じ仕事に打ち込むことは、かなり難しいです。言い換えれば、前任者から引き継いだ通りに仕事をしていれば、特に何もなく平凡に暮らせます。仕事ではなく、アフターファイブを充実させたいという方には、向いている職業であるといえるでしょう。

 

④同じことをやるのが苦にならない方

公務員の仕事は、同じような書類を大量に処理することが中心です。ですので、同じことを何度もやるのが苦にならない方は、向いている職業かもしれません。

 

最後に、私の体験について。私自身、公務員が向いていると親に言われたのもあり公務員になってみましたが、全く合いませんでした。私自身、積極的に仕事に打ち込むのが嫌ではありませんでしたが、書類仕事がどうにも無理でした笑

 

今回は、ここまで。読んでくださりありがとうございます。