ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、主に語ります。

小さいバッグを使うことのススメ

今回は、小さいバッグを使うことのメリットについて書いていきます。

  

そもそもなぜ小さいバッグを勧めるのか❓

 

最近は、ノースフェイスなどの大型バッグが流行っていますが、なぜその流れに逆行する形をとるのか…

 

たしかに大きなリュック、バッグって、便利ではあるんですよ。ものはたくさん入るし、防水などの機能性にも優れているし、デザインも良いのが揃っています。

 

それでも、私は、出歩く時には小さなバッグひとつで出かけることを推奨します。

 

というのも、小さなリュック・バッグにもメリットはあるわけなんですよ。これからそれをご紹介していきます。

 

 

①体力の温存ができる

小さいバッグは、容量が少ない分、軽くできているものばかりです。当然、軽い方が持ち運びがしやすく、体力を温存することができます。特に猛暑日が続く夏は、ただでさえ体力を消耗する上、荷物まで重くなってしまっては温存どころではありません。余った体力を他のことに回せるので、生産的な活動 にエネルギーを費やすことができます。

 

②荷物の量を減らせる

荷物の量を強制的に減らせることもメリットです。大きなカバンは、確かに多くのものを入れることができますが、ついつい余計なものまで入れてしまいがちです。当然、その分だけ荷物が重くなるので、カバン自体が軽くてもその恩恵を十分に受けることが出来ません。一方、小さいカバンは、そもそも入る量が小さいため、荷物自体の重さを強制的に減らすことができます。

 

 

③ものを取り出しやすい

入っているものが少ない分、ものも取り出しやすいです。大きなカバンだと底の方に入っているものを取り出すのに苦労しますが、小さいカバンだとすぐに取り出すことができます。

 

④持ち物をダウンサイジングできる

小さなカバンに入れるためには、入れるものも小さくしなければなりません。当然、そのためには、持ち物のダウンサイジングを余儀なくされます。重厚長大から軽薄短小へ、強制的にシフトすることができるので、収納するもの自体のサイズを小さくすることができます。

 

私自身、ティッシュの箱ぐらいのサイズのバッグのみでうろちょろしていますが、効果アリアリです。

特におススメのリュックは、anelloシリーズです。デザインもお洒落ですし、どのカバンもコンパクトの作られたいます。

 

是非、試してみてください‼️