ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、語っていきます。

ミニマリズムは、無敵である

 今回は、ミニマリズムは無敵であるというお話をしようかと思います。

 

 

ミニマリズムは、最強である

正直言ってミニマリズムという考え方は、現代において最も重視すべき考え方だと思います。というのも、現代って、ものが溢れまくっている社会なわけです。

 

昔であれば、足りないから商品開発され販売されて、多くの消費者の手元に届けられるという流れであったのが、今では必要なものは大抵出揃ってしまっているわけです。

 

出揃ってしまっている上、ものの機能もハイスペックを追求しすぎて一般の消費者には使いこなせない機能まで搭載されてしまっているという弊害も起こっています。

 

価格も大量生産体制をどの企業も整えてくるため、低価格化が進み、値段の多寡はありますが以前と比べてかなり手に入りやすくなっています。

 

消費者側にも、ものを選択する知識・センスが問われています。

 

こうした状況の中、ミニマリズムという考え方は次第に受け入れられていくように思うのです。

 

というのも、ミニマリズムは、ものではなく経験を通して人々の生活の満足度を上げてくれるものであるからです。

 

自分にとって大事なものだけを選び取り、それ以外を削ぎ落とした生活は、無駄なものに囲まれた生活と比べて幸せであることは明白です。

 

ミニマリズムを生活に取り入れる方法

ではどうすればミニマリズムを生活に取り入れられるかについて説明します。以前も少し書きましたが、それに補足する形で書いていきたいと思います。

 

ものを減らすことを躊躇わない

ものを減らす時に、すてるのを躊躇ってしまうことが多々あります。しかしながら、捨てるのを躊躇っては自分の好きなものを選別することができません。

特に愛着のあるものを捨てる時は、躊躇するでしょう。しかしながら、大事なのは、ものそのものではなく、ものにまつわる思い出です。どうしても大切で捨てられないというものを除いては、捨てていきましょう。

 

売れるから、使えるからという言い訳を捨てる

「売れるから、使えるから 」という理由で捨てない人もいますが、それはもったいない話です。なぜなら、ものを所有するスペースにお金を無駄に払っているからです。

言い換えれば、ものを持っているだけでも所有のコストがかかってくるんですよね。

まずは、思い切って捨ててしまいましょう。その方が、幸福度の高い生活を送ることができます。

 

減らす理由を明確にする

これは、ものをまた増やしてしまわないようにするために重要です。ものを減らす理由を明確化すると、再発を防ぐことができます。なぜなら、例えば、ものを減らして家事雑事の時間を削りたいという理由があれば、それに基づいてものを取捨選択しやすくなるからです。ただ、ものを捨てただけだとまたいずれ増えてしまうので、はっきり捨てる理由を考えましょう。