ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、主に語ります。

私服の制服化について

今回は、私服の制服化について、お話したいと思います。

 

 

 

私服の制服化とは何か?

そもそも、私服の制服化とは何かですが、簡単に言うと、同じ服ばかり着ることです。

有名人で言うと、オバマ元大統領やマークザッカーバーグスティーブ・ジョブズが実践していた方法です。

 

実際、私も私服に関しては、同じものばかり着ています。今年の夏のコーデは、

・インナーは、エアリズム

・トップスは、UNIQLOのドライEXTシャツ、エアリズムカーディガン又は無印のジャケット

・ボトムスは、UNIQLOの黒スキニー

 

と言った具合で、見事に同じ服ばかり着ています。

 

「なぜ、同じ服ばかりなぜ着るのか❓」これからは、その問いに答えていきたいと思います。

 

①時間が大幅に短縮できる

着る服を選ぶってかなりの時間を費やすんですよ。「あれは合わない、これは派手すぎ」などといった決断を幾度となく繰り返すことになります。その時間を丸々カットできるというのは、大きいです。

特に、着る服を選ぶ朝方は時間がないので、助かっています。

 

②クローゼットがスッキリする

同じ服ばかりなので、クローゼットが自ずととスッキリします。このメリットは、自分が何を持っているかを把握しやすいことです。これが出来ていると、無駄な服を買わずにすみます。

 

③おしゃれであると言われる

私自身、何度かおしゃれになったと言われました。

幅広いTPOにあわせるため、シンプルな服装を心がけるようにしています。日本人男性の服は、カジュアルな服装が多いため、自然と差別化できているようです。

 

④ほかのものにお金が回せる

ショッピングモールを見てもらえれば、分かりますが、売られているものの多くは、ファッション関係です。②に書いた通り、服を買わなくなるので、それ以外にお金を費やすことになります。

 

ものの価値は、決まっていますが、知識の価値は、計り知れません。ということで、私は余ったお金を自己投資に回すことにしています。

 

今回はここまでです。