ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、主に語ります。

公務員以外の選択肢について

今回は、公務員以外の働き方について、話をしたいなと思います。

 

 

 

公務員試験の難しさ

公務員って、確かに試験突破するのはある程度難しいことなんですよ。

もちろん、難関大学受験の時の方がレベルは高いかもしれませんが(チャンスが一度しかないなどを考慮して)、それでも教養試験と専門試験の2分野を勉強し、複数の面接試験をクリアしないといけないのです、一定のレベルはあるように思います。

ですので、中には何年かけても試験に通らず、あたまを抱えてらっしゃる方も、少なくないのではないかと思います。今回は、そんな方々に向けて、書こうかと思います。

 

公務員になるのは果たして正しいといいきれるか

誤解を恐れず言えば、公務員になるのにあまり多くの時間を割きすぎるのは得策ではないように思います。というのも、公務員試験で得られる知識って、正直受験に突破するだけのものでしかないわけなんですよ。いわば、レベルこそ差はあれど、大学受験の勉強となんら変わりないわけです。

 

自分の道を探すのが正しい

確かに公務員になるために、何年も勉強されるのは間違ってはいないです。

 

しかし、その何年もの時間を勉強のみに費やすのも絶対正しいとはいえないように思うのです。民間企業に入って、公務員以上の給与や待遇を得る、また独立して自分のペースで働くなど数多の働き方があります。

 

じぶんにあった働き方を探すのもひとつの答えなのではないのでしょうか❓

 

副業して、収入アップが吉

極論すると、公務員のメリットって、福利厚生と終身雇用しかないんですよ。その二つのメリットをはるかに上回るだけの収入を得ればこと足りるのです。

 

といっても、その収入を得るのが難しいという意見もあるでしょう。そこで大事なのが収入源をもう一つ作ることです。いわば、副業です。昨今では、副業解禁の流れが強まってきています。その流れに乗っかっていくのが望ましいと思うのです。

 

ブログを書いて収益化の道を探るのでもよし、物販で稼ぐのもよし。インターネットが充実している現代社会では複数の収入源を得るのは、そう難しくありません。

 

結論を言ってしまえば、結局収入アップしてしまえば、万事解決なのだからそこを目指していくのが吉ではないのでしょうかということです。

 

今回はここまで。読んでくださりありがとうございます😊