ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、主に語ります。

5Sとミニマリストの親和性

皆さん、5Sという言葉を知っていますか❓

 

5Sとは、片付けの基本で、トヨタが製造業において世界をリードしている一因となっているものです。具体的には、

整理   いらないものを捨てる

整頓   必要なものを必要な時に出せる

清掃   綺麗に掃除する

清潔    整理・整頓・清掃の状態を保つ

しつけ 整理・整頓・清掃のルールを守らせる

 

整理・整頓・清掃・清潔・しつけの頭文字をとって5Sと呼びます。

 

私は、この言葉を聞いた時、ミニマリストと相性の良い言葉だなぁと思いました。

なぜなら、ミニマリストとして必要な要素がこの5Sに詰まっているからです。今回は、5Sとミニマリストの関係性について書きたいと思います。

 

まず、「整理」、「整頓」について。いらないものを分ける、つまり自分にとって必要なものを把握し、不必要なものを省くことが求められます。自分にとって大事なものを残し、それ以外をバッサリ切り落とす。最小限主義者とも言われるミニマリストと相性がいいように思いました。また、いつでも必要なものを必要なだけ出すことができるのも、自分が何を重視しているか、そのために何を持っているかを認識できているからこそです。

 

次は、「清掃」について。きれいに掃除の行き届いた部屋で生活していると、非常に満足度の高い生活を送ることができます。というのも、不必要なものに邪魔されることなく、自分のやりたいことに集中できる環境に身を置くことができるからです。

 

最後に「清潔」「しつけ」について。整理整頓清掃の三つを遵守することで、好循環を生み出すことができます。掃除が行き届き、必要なものが必要なだけ取り出せ、いらないものが全くない部屋で作業する⇨生活のクオリティが上がる⇨仕事・私生活にいい影響を及ぼす…の流れを作り出すことができるようになります。

 

今回はここまで。読んでくださりありがとうございます。