ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、主に語ります。

公務員になってみることのメリットについて

公務員になってみることについてのメリットを書いていきたいと思います。

 

何だかんだで、公務員になることってそれなりの難しさはあるわけですよ。

 

面倒な筆記試験の勉強に多くの方は1年ぐらい時間を取られますし、官庁訪問や度重なる面接であちこち行く羽目になりますし…。

 

ただ、そんな面倒な公務員試験を突破した見返りもそれなりにあるとは思うんですよ。

今回は、私の経験談を踏まえながら公務員であることのメリットを書いていきたいと思います。

 

①周りの人から一定の評価を得られる

初めて会った人にも好印象を与えられるのが公務員という職業です。なんだかんだで、公務員は、真面目で誠実であるという印象を持っている方が多いです。(もちろん、公務員が嫌いな方もおられるでしょうが)

 

②福利厚生の充実がすごい

私自身、休職していますが病気休暇・休職、育児休業などが取りやすく、またある程度の給料が保証されています。安定を求めて公務員になられる方も一定数いるというのは、話に聞きますが、私の経験上からも、本当に保証は手厚いです。

 

 

③クレジットカードやローンの審査に通りやすい

公務員は、自分から辞めない限りは雇用が保証されています。倒産などで収入がなくなる心配がないので、お金を借りやすいのもメリットです。

実際、クレジットカードの申請もすぐ通りました。

 

 

④全国転勤が基本的にないので、同じところで働ける

国家公務員であれば話はべつですが、地方公務員の場合は、原則的に働く場所が限定されています。

異動があっても引っ越すほどの距離ではなかったりと、単身赴任することが少ないので、家庭持ちの人も安心です。

 

⑤給料がなんだかんだで、安定はしている

僅かずつではありますが、給料が上がっていくのは、殊の外大きいかもしれません。ボーナスも、

欠かさず出ますので、人生設計がしやすいのもポイントです。

 

メリットは、こんな感じでしょうか。

もちろん、デメリットもありますので今度はそこを掘り下げて行こうかと思います。

 

読んでくださりありがとうございました。