ミニマムライフポレポレ

うつ経験、公務員試験情報、ミニマリズムについて、語っていきます。

公務員試験の小論文対策

今回は、小論文対策について。

 

まず小論文をうまく書くためには、

①合格者の小論文をたくさん読む
②文章を書くテクニックを身につける
③新聞や書籍を読む
④文章メモを作る

 

この4点を繰り返すことが重要となります。

 

①をやる理由としては、まず自分の到達すべきレベルの論文とはどんなものかを知る必要があるからです。合格者のレベルを知ることで、そこから逆算して、自分に足りないものをあぶりだすことができます。

②が必要なのは、小論文を書くテクニックを身につけておくことで、高速かつ確実に合格レベルの小論文を書くことができるからです。公務員試験の小論文対策の書籍を一冊読み込んで、文章を書くテクニックを身につけておくことをおすすめします。

 

③にあるように、書籍等を多く読み込み知識量を増やしておくと、小論文を書く際、問題へのアプローチを多角的に行えるようになります。私の経験上、多角的なアプローチができることは、いい小論文を書く際の評価となりえると思います。

 

④の文章メモを作るコツとしては、問題文の流れに逆らわないことです。例えば、自分の住む町の問題点を3つあげ、解決策を出しなさいという問題があったとします。

 

文章の骨組みは、

私の住む町の課題は、ひとつめは…、ふたつめは…、三つ目は…です。

 

これらの課題を解決するには、…が必要です。

 

といった形になり、…に入る内容を書き出していくことになります。あとは、書籍なり新聞なりで学んだ知識を総動員してテーマを決め、課題点を挙げていけば、自ずとわかりやすい小論文になります。

 

こんな形でまとめてみましたが、

参考にしてみてください。